歯と健康のラボラトリー

気になる「自分に合った歯科医院」を探すコツとは?

歯は、私たちの生活と健康に深く関わっています。よく噛んで食べることで、胃や腸に負担をかけることなく全身に栄養をいきわたらせることができますし、スムーズに会話ができるのも、歯が揃っていることでしっかりと発音ができているからです。また、輪郭を整え、様々な表情ができるのも、歯ごたえを楽しみ、食べ物の味を感じることができるのも、健康な歯と歯肉のおかげです。

そして、よく噛んでしっかり栄養を取れることは、全身の健康にも大切です。

そんな欠かせない存在である歯にトラブルが発生した場合、多くの方が歯科医院で治療を受けると思います。

しかし、コンビニの数よりも歯医者の数の方が多いと言われるこの時代、「どの歯科医院に行けばいいか分からない」「自分に合う歯科医院はあるのだろうか」と悩む方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな方にぜひご参考にしてほしい、ご自身に合った歯科医院の探し方をご紹介します。

歯科医院の選び方

それでは、さっそく歯科医院の選び方についてご紹介します。かかりつけ医を探す際に、役に立つはずです。

電話対応が丁寧

見えない相手への心配りも重要です。最近ではインターネット予約が可能な歯科医院が増えておりますが、歯科医院の雰囲気を知るためにも、電話でのご予約が良いでしょう。電話をする患者さんは少なからず、不安を持っています。電話では相手のかおや表情もわかりません。その際に、親切で丁寧な対応をしてくれると安心しますよね。

院内が清潔

歯の治療を受ける際、口の中に直接器具を入れます。当然のことですが院内が不清潔な環境だと、安心して治療を受けることができないですよね。

器具などの消毒や滅菌についてはホームページなどにも記載されていますので参考にしてみて下さい

また、清掃が行き届いているか、整理整頓がされているかも大切です。

リラックスした状態で、より良い治療を受けるためには、清潔感のあるキレイな歯科医院を選ぶと良いでしょう。

デメリットやリスクの説明がある

歯科医院では、医師から治療についての説明を受けます。この時に、メリットだけではなく、治療によって発生する可能性のあるデメリットやリスク(う蝕、歯肉炎、歯周病、歯肉退縮など)についてもきちんと説明されるかどうかも重要です。

デメリットやリスクの説明がないまま治療が始まり、万が一トラブルが発生した場合、対処法が分からない…といった事態になってしまいますよね。

また、治療をしない場合はどうなるかという説明もあるとわかりやすいですよね。

そのようなことがないように、デメリットやリスクについてしっかりと事前に説明し、トラブルが発生した時のフォロー体制がしっかりと整っている歯科医院を選びましょう。

初回の診療時間

診断を間違える・治療を間違えるというのは、口の中のトラブルを悪化させる原因となってしまいます。治療の技術ももちろん大切なことではありますが、『正しい診断をする』ということもとても重要です。

しっかり時間を取って患者様から話を聞き、説明をしてくれる歯科医師は、患者様1人ひとりとしっかりと向き合っている証拠でしょう。

すぐに虫歯を削ろうとしない

ご存知の方も多いと思いますが、虫歯だからという理由ですぐに歯を削ってしまうのは、実はあまり良くないのです。基本的に、歯は削れば削るほど脆くなり、削った部分から再び細菌に感染して虫歯になりやすい状態になってしまいます。

もちろん削って治療する必要がある場合もあります。その場合は、マイクロスコープなどの拡大鏡を覗きながら、できる限り虫歯のところだけを削るようにする歯科医師は信頼できると言っても過言ではないでしょう。

初期の虫歯であれば、削らずに歯磨きをしっかり指導して、経過をみていくこともあります。

歯科衛生士の人数

歯科衛生士とは、虫歯の予防などを指導する専門職であり、歯科医師による診察・治療の前に、患者様のお口の中の衛生状態を管理する専門スタッフです。口の中には様々な菌が存在するため、十分な口腔衛生指導、処置をせずに治療を行った場合、汚れごと歯の型をとったり、汚れを巻き込んだ状態で詰め物をしたりすると、治療結果はあまり良いものにはなりません。

すぐ治療をしてほしいと思うかもしれませんが、治療の経過や予後を考えれば、口腔衛生がきちんと整ってから(歯周病の治療)型取りなどをした方が歯の寿命は延びるのです。

そんな大切な役割を持つ歯科衛生士の人数が歯科医師と比べあまりにも下回っている、歯科医院に1人しかいない、という状況では少し不安ですよね。

歯科医院のホームページを見る時は、歯科医院、歯科衛生士、歯科助手などの人数を確かめておくと良いでしょう。

通いやすさ

歯の治療は、場合によってはとても長い時間かかってしまいます。その期間は歯科医師の指示に従い、根気よく通う必要がありますよね。

しかし、通うことが面倒になり、時々治療と治療の間が空いてしまう方もいます。そのため、ご自宅から近かったり、職場から近かったりと、自分が通いやすいと思える歯科医院を探すことをおすすめします。

見た目だけではなく、機能も重視した治療

咬合とは、上下顎の歯が接触することで、様々な様式があります。その咬合様式により、顎関節症や開口障害、嚥下障害、歯周病など多肢にわたる症状を引き起こされるのです。

ただ見た目をキレイにするだけではなく、咬み合わせを意識し、機能をしっかりと整えるような治療を相談することをおすすめします。

機能をしっかりと整えることで、見た目はよくなるのです。

費用についての説明が納得できる

治療をするということは、当然費用もかかります。保険適用外であったり、完治まで時間がかかったりということで、費用が思いのほか高額になってしまった…という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

費用に関して、歯科医師が納得のいく説明をしてくれるかどうかということはとても重要ですよね。

ただ見た目をキレイにするだけではなく、咬み合わせを意識し、機能をしっかりと整えるような治療を相談することをおすすめします。

機能をしっかりと整えることで、見た目はよくなるのです。

実績がある

歯科医院のホームページを見た時に、過去の施術の例や、患者様の声が掲載されていると、より安心して治療に臨めるのではないでしょうか。施術例や患者様の声から、ご自身の状況に似ているものがあれば歯科医師にも相談しやすいはずです。

歯科医院に行く前に、ホームページなどで事前情報を集めるのはとても大切です。口コミなども、参考程度に見ておきましょう。

まとめ

歯は、たった1本でも失ってしまうと、正常な働きができません。たとえば、奥歯が1本なくなっただけで、ものをかみ砕く能率は約40%も低下するといわれています。他にも、1本歯がなくなってしまうと咬合異常や、発音障害が引き起こされてしまいます。

歯科治療はメインテナンスを含め長いおつきあいになります。

できれば、同じ歯科医院で継続して管理してったほうが、今までの経過や情報も蓄積されています。

歯になにか異常を感じた時は、ぜひ自分に合った信頼できる歯科医院を見つけてください!

 関連記事

フルーツでノドが痒くなる!口腔アレルギー症候群ってなに?

フルーツや野菜、ナッツを食べてノドがかゆくなったり、イガイガしたり、唇や舌がヒリヒリしたりしたことはありませんか? それ、花粉症と関係あるかもししれません! 最

PRGF骨再生治療とは?新しい歯周病治療について

歯は、私たちの暮らしに深く関わっています。 たとえば、美味しくご飯を食べたり、スムーズに会話をしたり、歯を食いしばったりできるのも、健康的で美しい歯が揃っている

歯周病の本当の怖さ!歯周病が与える全身への悪影響について

日本人に最も多い細菌による感染症は、歯周病と言われており、40歳以上の日本人の約8割がこの歯周病に罹っているそうです。そんな国民病と言っても過言ではない歯周病で

健康でいるために!歯のメインテナンスの重要性

皆さんは、歯の「メインテナンス」をしていますか? 成人の歯は通常28本ですが、50代では平均24.7本、70代では16.2本、80代では10.1本まで減ってしま

ジルコニアクラウンでコンプレックス解消!健康的な歯で快適な生活を

近年、ジルコニアを使用したセラミック治療が注目を集めております。 セラミック治療とは、歯の欠損部分(詰め物や被せもの)を『強く、美しく、親和性の高い素材』で補う