歯と健康のラボラトリー

見た目を気にする人におすすめ!「見えない矯正歯科」とは?

見えない矯正歯科をご存知でしょうか。

矯正に興味はあっても、どうしても見た目が気になって踏み出せずにいる方も多いでしょう。
今回は、そんな方のために見えない矯正歯科についてご紹介致します。

見えない矯正歯科とは

ところで皆さんは「見えない矯正歯科」という言葉を耳にしたことはありますか?
これは一般的に「裏側矯正」と呼ばれているもので、歯の表面に矯正装具が装着されるため、器具が見えることのない矯正方法です。

見た目を気にする方にはうってつけの矯正方法なのです。

この「裏側矯正」とはその名称通り、歯の裏側に矯正装具をつけて歯並びを直していく治療法です。裏側装具と表側装具をつけた状態で見た目を比較すると、圧倒的に違うのがわかります。

裏側矯正をしていることに、親しい方でも言われるまで気が付かなかったというケースもあるほどです。

見た目を気にする方におすすめの「裏側矯正」

友人や同僚などに気が付かれずに矯正治療をしたいという方には、「裏側矯正」がおすすめです。口を全開にしなければ矯正装具は見えません。

別名:マルチリンガル矯正

裏側矯正はマルチリンガル矯正とも言われています。いずれにしても見た目を気にする傾向が強い日本人の中で、世界に先駆けて開発・実用化されたのです。

欧米では矯正する方が多い分矯正装具が見えることについて日本ほどの抵抗はないようです。

裏側矯正のメリット

裏側矯正の最大のメリットは、誰にもバレずに治療ができるという点でしょう。

そして出っ歯を治療する場合にも、一般的な表側矯正と比較すると治療がスムーズに進められるというメリットがあります。

裏側矯正のデメリット

その一方で裏側矯正のデメリットは、表側矯正と違って口の中側につけるため常に舌が器具に触れている状態にあなり違和感を感じる方が多いということです。

始めのうちは発音がしにくいと感じる方もいらっしゃいます。

そして審美性に優れた裏側矯正は、表側矯正の装具よりもやや割高になっています。

以上のようなことを踏まえると、裏側矯正は見た目を気にする若い女性や職業柄見た目を重視する方に特におすすめの治療法です。しかし高額であるため良く検討してから治療を開始しましょう。

裏側矯正には高度な技術が必要となるため、治療を受ける際には歯科医院選びを慎重にするようにしましょう。

治療期間

治療期間に関しては、表側矯正とそれほど違いがない歯科医院がベストでしょう。

表側矯正に比べて裏側矯正に必要な期間があまりにも長い歯医者は避けるのが望ましいでしょう。

治療期間が長くなるにしても、なぜ治療期間が長くなるのかをしっかりと説明してくれる歯科医院を選択しましょう。

最後に

以上、見た目を気にする人におすすめの「見えない矯正歯科」についてご紹介致しました。

歯科治療を受けていると、ご自身の要望や疑問を伝えにくい場面もあると思います。しかし患者さんの不安を汲み取ることができる歯科医院が存在します。

治療がスタートする前に、治療計画などについて満足いく説明を受けることは大切です。治療を進める上で不安な点がある場合は、遠慮せずに納得のいくまでしっかりと相談しましょう。

 関連記事

最新デジタルを使用した矯正治療とは一体どんなもの?

新しい矯正治療方法として普及し始めているのが「デジタル矯正システム」です。 通常の矯正治療では、歯科医師の経験と感覚をもとに患者さまに最適な矯正治療の計画を立て

歯並びを整えることのメリットとは?

綺麗な歯並びには憧れますよね。 歯並びが悪くて噛み合せに違和感を感じるという方も多いでしょう。 実は歯並びは見た目の問題だけでなく、歯や健康に大きく関わりがある

大人の矯正歯科に関する注意点

みなさんはご自身の歯並びに自信がありますか? 歯並びについてコンプレックスを持っている方は、意外と多いものです。 最近、大人の方で歯科矯正を行う方が増えているこ

矯正歯科の施術の流れってどうなるの?

矯正治療には大きく分けて二つの治療法があります。 ひとつは顎の成長を促し、顎を広げて歯並びをそろえていく方法です。取り外し式の装置を用いるため特に子どもに対して

矯正歯科の種類とそれぞれのメリットデメリット

矯正歯科とは、歯に少しずつ力を加え健全な歯の機能性と美しい外見(審美性)を作り出す治療です。 歯並びが悪いことは見た目にデメリットが生じるだけでなく、プラーク(