歯と健康のラボラトリー

先輩花嫁に学ぶ!最高の結婚式を迎える為に必要な歯のケア

人生に一度しかない大切な日を迎えるためにも、エステやまつ毛エクステンションなどで心も見た目も美しく磨きを掛ける花嫁さんも多いですよね。沢山の努力を重ね、挙式当日を見違えるほどに美しい状態で迎える花嫁さんをSNSなどでも良く見かけます。

しかし1番忘れてはならないのが、幸せに満ちた笑顔を作ってくれる大切なパーツであるお口元のケアです。

式場や披露宴会場が決まると、次にお料理や出席者などについての打ち合わせが続くことになります。気が付くと花嫁さんや花婿さんご自身の準備が一番後回しになってしまうというケースも多いようです。

さまざまな準備で毎日忙しくなるかと思いますが、大切な1日に向けてパーフェクトな美しさを手に入れるためにも、大事なお口元のことを早めに見直す必要があります。

今回は先輩花嫁さんが、式前にやって良かったケアの上位である「歯のケア」についてお伝えしたいと思います。

たくさんの写真や動画に残る大切な1日に悔いが残らないように、歯のことをしっかりと考えましょう。

先輩花嫁がやってよかった歯のケア

結婚が決まると式場選びやドレス選びなど、やらなくてはならないことが盛りだくさんですが、結婚式の主役は何と言っても花嫁です。

一生に一度の結婚式は今までで最高の自分で迎えたいというのが花嫁さんの1番の願いですよね。

最高の自分になるために、先輩花嫁がやってよかった歯のケアがあります。

矯正治療

結婚式では始まりから終わりまで参列者の注目を浴びます。そしてさまざまな角度から写真や動画を撮影されることになります。

ダイエットやネイル、ヘアケアを行うのは当然のことになってきてはいるので気にする花嫁さんも多いですが、意外と目立つのが実は歯並びなのです。

特に結婚式では笑顔を求められますので、いつも以上に口元が強調されます。せっかくのメイクやヘアアレンジも、自信を持って笑うことができなければ台無しになってしまいます。

結婚を間近に控えて歯列矯正したという先輩花嫁さんも多く、最近ではブライダル向けの矯正歯科メニューを設けている歯科医院もあります。結婚式に照準を当てて治療計画を立てて治療をしていくことになります。

歯並びの程度にもよりますが、全体的なものでは2年程、部分的なものは半年~1年程で終了します。式の準備中でも安心のクリアブラケットや、裏側から矯正装置を付ける舌側矯正など種類があるので、早めに歯科医院に相談しましょう。

ホワイトニング

ドレス選びで素材や色などで顔映りが左右するので悩みますよね。どういったドレスの色が似合うかどうかは、肌の色と肌質で決まりますが、忘れてはいけない大事なポイントは歯の色です。

歯の色がきれいでなければ顔の美しさが半減し、ドレスの顔映りまでも左右してしまう可能性があります。 できれば、ドレス選びの時点で歯を白く美しい状態にしておくのが理想です。

ブライダルホワイトニングとは、結婚式までに歯を理想の白さにするために短期集中的に歯をホワイトニングするものです。

歯科医院で行われているオフィスホワイトニングが短期間で白くなりやすいので忙しい花嫁さんにおすすめです。

ホワイトニングは何度か繰り返し行うことで理想の白さに近付けていくことができるものです。

高濃度の過酸化水素水を使用するオフィスホワイトニングを数回繰り返す場合には、歯の影響を考えてそれぞれ1週間程度間隔を開ける必要があります。そして歯の白くなりやすさには個人差がありますので遅くとも1ヶ月前に始めると良いでしょう。

ホワイトニングで白くなるのは天然の歯のみです。セラミックの被せ物をする必要がある場合んには時間がかかりますし、虫歯があればホワイトニングできない場合もあるので早めに歯科医院に相談しましょう。

忙しいからこそ早めの準備を!

1日で綺麗になるのは限界がありますので結婚式当日に、誰よりも輝くために美しさをつくるためのエステなどは、5ケ月から3ケ月前から行う必要があるでしょう。

前撮りやドレス選びの時にご自身の歯を見てびっくりしないように見落としてしまいがちな歯のケアも、なるべく早いうちから行っておくと安心です。

式の6ヶ月前

御結婚が決まったら、遅くとも6ヶ月前までにご夫婦お二人で歯科検診を受けることをおすすめします。

これからは、色々な方とのご挨拶や打ち合わせで忙しくなるでしょう。矯正治療も必要だけれど、挙式に向けてホワイトニングもしたいしとお悩みの方でも歯科医院でしっかりと相談することで明確な治療計画を立てることができます。

最近の研究では、歯周病の原因菌は動脈硬化や糖尿病の発症に関係している事が分かっています。お子さまができたときにお口の細菌は赤ちゃんに感染し、お子さんの虫歯の原因にもなってしまう可能性があります。これから新しい家庭を作っていく上で健康維持と予防のためにも、早いうちのご夫婦できちんと検診を受けてお口のケアをしておくようにしましょう。

式の3ヶ月前

この頃にはドレスも決まり、どのようなヘアメイクにするかイメージしていく時期ではないでしょうか。

花嫁メイクは透明感のあるきれいな肌に仕上げ、目元、チークとリップで彩りを加えてピュアな魅力を最大限に引き出すのが正統派です。

メイクリハーサルで何度も検討するように、ほんの少しの違いでも大きな差が出てしまう花嫁メイクには、美しい口元が必須条件です。

「どんな方向から見られても大丈夫!」この自信が花嫁の幸せオーラをますます引き出し、更に自信という輝きを与えます。

この時期の花嫁さんにお勧めなのは、歯のホワイトニング、クリーニングなどです。約1か月前のリハーサルの時までには完璧な状態にしておくと当日のイメージも沸きやすくなります。

式の1ヶ月前

いよいよ挙式まで後わずかとなるこの時期は、自分史上最も美しい花嫁姿を実現するためにもリハーサルは入念に行う頃です。

ホワイトニングで白くした歯に美しく並んだ歯で、とびっきりの笑顔で過ごしましょう。

花嫁さんはもちろんですが新郎やお母様も決して脇役ではありません。記念写真だけでなくご挨拶や撮影をされるお母様にとっても、白く美しい歯は、お顔のくすみを取りお肌の色を明るく若々しく見せるアンチエイジング効果も期待できるのでおすすめです。

最後に

ダイエットやエステなど結婚式を控えた花嫁さんは更に美しくなるように努めていますが、自分ではなかなか変えることが出来ないところが「歯」ではないでしょうか。

万が一、1ヶ月前にきれいになりたい、当日美しく写真に映りたいと思ったら、まずは歯をきれいにすると良いでしょう。

結婚式ではたくさん写真やビデオをとることにもなりますし、その後見直す機会も多いので「あの時こうしていれば…」という後悔が絶対にないように、先輩花嫁さんが実践してよかった歯のケアは是非取り入れましょう。

口元に自信が持てれば、当日内側からあふれる自信が出てきて、更に美しさが増して見えるでしょう。

 関連記事

結婚式を控えた花嫁さんのためのホワイトニング

ご結婚が決まっているみなさまは、ボディーケアやネイルのケア、目元のケアなどさまざまな準備で忙しい毎日を送っていることでしょう。 結婚式は人生最大の笑顔溢れるイベ