歯と健康のラボラトリー

インプラント治療に実際にかかる費用はいくらか

 

なくなった歯の機能を取り戻せるインプラントは、
私たちにとって身近なものとなってきています。

ここでは、インプラント治療のための費用は一体どれくらいかかるのかご紹介したいと思います。
これからインプラント治療を検討している方のご参考になれば幸いです。

インプラント治療は保険適用外

初めて歯医者さんでインプラント治療を薦められ、料金の高さに驚かれる方も多いはず。
インプラント治療は保険が適用されず、それぞれの医療機関で費用を決めることができる自由診療となっています。
このインプラント治療はなくなった歯の代わりとなって、
歯冠や人口歯冠などを使い、元の歯の状態のように機能させられる治療法で
品質が非常に高いため、保険適用外というわけなのです。

 

保険が適用される例外

2012年4月からは国が認めている外傷や病気などで、
あごの骨を失ってしまった場合に限り
インプラント義歯治療ということで保険が適用されることが認められました。
この治療とは、あごの骨にインプラントを埋め込み、土台を作って
その上に義歯を装着するものです。

地域によっても費用が違う

インプラント治療費用は地域によっても変わってきます。
都心部だと費用の平均は39万円程度と言われており、
これは都心部だとテナント料などが高いためで、治療費にこの分が上乗せされているためです。
都心部だからといって特別な治療がされているわけではないですが、
地方と比較するとインプラント治療の経験が豊富な医師が多いのは事実です。

インプラント治療費用は歯一本あたり30~40万円程度

なお、保険が適用されないインプラント治療の平均は、
歯一本に対して約30~40万円ほどだと言われており、
この費用は地域によって差がありますが、きちんとした治療を受けることが前提のものです。
それでは、どうしてここまでの費用がかかってしまうのか、その内訳をご説明致します。

インプラント費用の内訳とは?

質が高く適正なインプラントの治療を受けるには、費用の内訳を把握しておくことが大切です。
以下はインプラント治療のだいたいの内訳です。

 

  • 治療前の検査&診断料    1万5千円~5万円程度
  • 人工の歯の元となる素材費用 10万円~15万円程度
  • インプラントを埋め込む費用 10万円~38万円程度
  • 治療後のメンテナンス費用  5千円~1万円程度

となっています。

インプラント治療費用の負担を軽くするには?

インプラント治療を行う際、どなたでも費用を安く済ませたいと思うのは当然です。
では、少しでも費用の負担を軽くするにはどうすればいいのでしょうか?

医療費控除の申告をする

インプラント治療費は医療費控除の対象となりますので、申告するようにしましょう。
一年間で生計をともにしている家族の医療費が10万円を超えると、
医療費控除の申告をすることによって還付金が受給できたり、住民税を抑えることができるのです。
なお、医療費控除は納税額により還付されるため、所得税などを収めていることが大前提です。
もしご自身がこの医療費控除の対象者なら、申告することによって
治療費を安くすることが可能なので、ぜひ申告するようにしたいものですね。

デンタルローンの利用

インプラント治療は平均でも30万円以上もかかるため、一括で支払うのは簡単ではありませんよね。
そんな時に利用したいのが、デンタルローンです。
デンタルローンとは、歯科治療の費用を患者さんの代わりに
信販会社が立て替えを行い、患者さんは治療費に手数料を加えたものを
信販会社に分割払いしていくというものです。
分割回数は信販会社によって異なりますが、84回払いが最大となっており
利用可能な上限金額は500万円です。
申し込み方法としてはデンタルローンを取り扱っている会社に直接申し込む方法や、
ローンを扱っている歯医者さんを通して申し込む方法があります。
治療を受ける前にぜひ確認して申し込みするようにしましょう。

専門医がいる医院選びを

自分の大事な歯を取り戻すための治療で高額な治療費を支払うわけですから、
インプラント治療で最も大切なことは、
安心して治療を任せることができる医師選びをすることです。

適切な治療を受けるには、インプラント治療の専門医資格がある医師かどうかを確認することが重要です。
このインプラント治療の専門医という資格ですが、日本口腔インプラント学会が与える資格のことで、インプラント治療の経験や知識を有する医師だけに与えられるものです。
認定資格があり、試験に合格した医師だけが認定書を交付されるものです。
インプラント治療の専門医の資格はインプラント治療を行う際に大切なもので、
最適な治療法を見つけることができ、適切な判断を行える医師であるという証明になります。
なお、この専門医の資格は有効期限が5年となっており、
更新するにはこの学会での治療内容の発表や研究、研修に参加するなどが必要になっています。
専門医の資格がある医師がいる歯科医院かどうかを判断するには、
歯科医院のホームページやパンフレットなどを確認すると良いでしょう。
あくまで専門医というのは歯医者さん選びの目安の一つにはなりますが、インプラント治療に
関心が高いということを証明するものなので、インプラント治療を受ける際の目安にできるはずですよ。

 

最後に

いかがでしたか?
インプラント治療の平均的な相場は30万円~ということが分かりました。
だいたいの費用の内訳もご紹介してみましたが、これを見てみると
医療費控除やデンタルローンなどが利用可能な安心できる治療法だということが分かりますね。

中には格安料金で行う歯科医院もありますが、費用だけに惑わされることなく、
ご自身に合ったインプラント治療を受けることができる環境かどうかを見極めることが大切です。
インプラント治療を検討している方のご参考になればと思います。

 関連記事

インプラント治療の失敗例!その原因と対処法

歯を失った時の治療法のうちで、入れ歯やブリッジよりも高い性能を持った治療法がインプラント治療です。 歯を失った部分に人工の歯根を埋め込み、それを土台にセラミック

インプラントかブリッジかで悩んだときの選ぶポイント

大人になってから虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合、 新しく生えてくる事はありません。 歯が無い状態のままにしておくと、両隣の歯が動いて倒れてしまったり、

インプラントにかかる費用の相場はいくら?

目次0.1 インプラントにかかる費用がいくらかをご存知でしょうか?1 インプラントの費用の相場2 インプラントのメーカー・種類について3 インプラントの費用につ

これからインプラント治療をする方へ|インプラント治療の流れについて

  目次0.1 『インプラント治療』について詳しくご存知ですか?1 インプラントの治療の流れ2 インプラントにかかる期間3 治療後のメンテナンスについ

インプラント治療について知っておきたい基礎知識

  みなさんはインプラント治療について詳しく知っていますか? 詳しいことまでは分からない・・という方が多いのではないでしょうか。 インプラント治療は歯