歯と健康のラボラトリー

インプラントかブリッジかで悩んだときの選ぶポイント

大人になってから虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合、
新しく生えてくる事はありません。

歯が無い状態のままにしておくと、両隣の歯が動いて倒れてしまったり、噛み合わせが合わなくなってしまったりと口腔内の環境が悪い状態になってしまいます。
また骨に対する刺激も無くなってしまうので、骨も減ってしまうと言われています。

今回は歯が無くなった時の治療にはどのようなものがあり、治療方法を選択する際のポイントはどのようなものがあるかまとめます。

ブリッジについて

ブリッジは1本歯が無くなってしまった際に両隣の歯を削り、橋渡しのような状態にして3本あった歯を2本で支えるという治療方法です。

 

メリット

材料を選ばなければ、保険の中で治療する事が出来るので、比較的安く治療する事がメリットとして挙げられます。

 

デメリット

  • 数本の歯が無くなってしまった場合には、ブリッジが行えないことや、通常であれば3本で支えている所を2本の歯で支えるので、支えている歯の負担になってしまいます
    また治療の際には、両隣の歯が健康で全く削った事が無い歯だとしても削る必要があります。
  • 前歯を治療する場合には、保険の中でも白いもので治療をする事が出来ます。しかし奥歯の場合、保険では銀歯で治療を行うことになります。笑った時に銀歯が見えてしまうので、審美的に気になるという患者さんも少なくありません。また、前歯の場合、素材も長い時間をかけると水分を含んでしまって黄ばんだように変色してきてしまうというデメリットがあります。
  • 保険が適応されるの材料は、中が金属で作られています。そのため歯茎が退縮した際などに歯茎の境目が黒ずんで見えてしまうというリスクもあります。

 

保険外の治療では、色の透明感があり変色をしないセラミックなどを選択する事も出来ますし、土台に関しても金属に比べて口の中に優しいファイバーなど、黒ずんで見える事の無い素材を選択する事も出来ます。
どのような治療がしたいか、どのくらいの価格なのかを踏まえた上で治療方法を選択することで納得のいく治療を受ける事が出来ます。

インプラントについて

インプラントは歯が無くなってしまった部分に人工歯根を埋め込み、それを土台にしてその上に歯を作っていく治療方法です。
骨が少なくなってしまうと支えとなる土台が無い状態になってしまい、インプラントの定着が悪くなってしまいます。その為骨が一定量ある事が施術を受ける条件になります。
しかし、インプラントの場合には周りの歯を削る必要も無く、固定性なので安定感があり、食事をする際の噛む力もしっかりと機能してくれる優れものです。

メリット

  • 保険外の治療なので、上に被せる歯の素材をご自身で選択する事が出来ます。
    奥歯でも白い歯を選択する事が出来ますし、前歯でも透明感があって変色なども無く
    着色もしにくいセラミックの歯を選択する事が出来ます。

デメリット

  • 保険外の治療ですので、歯科医院によって価格差があります。
    本数にもよりますが高額になるケースが多くあります。
  • インプラントでは一定期間治療を受ける必要があります。
    骨の状態によって個人差はありますが、インプラント体を埋入して骨に定着するまで待つ期間も含め、合計3か月~6か月の期間が必要です。

メンテナンス

毎週通う必要はありません。
口腔内の環境にもよりますが、綺麗な口腔内を保つ為にクリーニングや予後の確認で数回の通院が必要な場合があります。
また、インプラント体が定着してからは歯茎の中で定着を待っていた場合、
歯肉を切開して土台となる部分を出す必要があります。
また、型取りをするまでに歯肉が落ち着くまで待つ必要があります。
その後に型取りをしたり、出来上がった歯を調整することになります。

 

自宅でのケアの重要性

またインプラントはご自身の歯と一緒で
汚れが付いたままになってしまうと歯周病のようにグラグラしてしまう原因になり定着が悪くなってしまいます。

そういったトラブルを防ぐためにも自宅でもしっかりとケアする事と、
歯科医院でも定期的に検診をしてクリーニングをする事が大切です。

入れ歯について

歯が無くなった際の治療方法の一つに入れ歯をするという方法があります。

メリット

  • 保険の中で治療する事ができ、骨の状態に関わらず治療をすることが可能です。
  • 手術の必要がないので治療期間も比較的短いことが大きなメリットです。

デメリット

  • 取り外し式なので、安定感に欠ける
  • ご自身にピッタリの入れ歯でないと粘膜を傷つけてしまう可能性があり、
    食事の際もしっかりと噛めない事があります。
  • 噛む力がインプラントには劣る
  • 保険の入れ歯は、見た目ですぐに分かってしまうことがあります。
    全体的な入れ歯ではしわが寄ってしまう事もあり、老けた印象になることがあります。
  • 骨に対する刺激が少なくなってしまうので、長い期間では骨が減っていってしまうと言われています。
    後々インプラント治療をしようと思っても治療が不可能な場合もあるので、注意が必要です。

 

最後に

インプラント・ブリッジ・入れ歯など、いずれの治療方法にもメリット・デメリットがあります。
歯を失ってしまった本数や骨の状態などによって適切な治療方法が異なりますので、しっかりとメリットデメリットを理解した上で治療を受けるようにしましょう。

 関連記事

インプラント治療の失敗例!その原因と対処法

歯を失った時の治療法のうちで、入れ歯やブリッジよりも高い性能を持った治療法がインプラント治療です。 歯を失った部分に人工の歯根を埋め込み、それを土台にセラミック

インプラントにかかる費用の相場はいくら?

目次0.1 インプラントにかかる費用がいくらかをご存知でしょうか?1 インプラントの費用の相場2 インプラントのメーカー・種類について3 インプラントの費用につ

これからインプラント治療をする方へ|インプラント治療の流れについて

  目次0.1 『インプラント治療』について詳しくご存知ですか?1 インプラントの治療の流れ2 インプラントにかかる期間3 治療後のメンテナンスについ

インプラント治療に実際にかかる費用はいくらか

  目次0.1 なくなった歯の機能を取り戻せるインプラントは、 私たちにとって身近なものとなってきています。1 インプラント治療は保険適用外2 地域に

インプラント治療について知っておきたい基礎知識

  みなさんはインプラント治療について詳しく知っていますか? 詳しいことまでは分からない・・という方が多いのではないでしょうか。 インプラント治療は歯