歯と健康のラボラトリー

気になる歯の黄ばみを落とす方法

芸能人のように白くて綺麗な口元は好印象を与えると言われています。

白く輝く歯に憧れる人は多いですが、普通に歯磨きをするだけでは中々手に入れる事は難しいものです。
しかし歯が白く美しいと、顔の印象が明るく見えたり、笑顔に自信が持てたりとメリットがたくさんあります。
歯科医院でも黄ばみは落とす事は出来ますし、その他には自宅ケアする方法もあります。

今回は気になる歯の黄ばみを落とす方法にはどのような方法があるかお伝え致します。

自宅でケア出来る方法

黄ばみの原因となるのは着色やステインです。色の濃い食べ物やコーヒーなどを飲む頻度や歯並びによって、着色のしやすさには個人差が出ます。

自宅で黄ばみを落とす方法として、ホワイトニング専用の歯磨き粉を使用する方法があります。

研磨剤配合の歯磨き粉

着色を落とすには、研磨剤の入った歯磨き粉が有効です。
着色を磨いて落とす事で歯本来の色が出て黄ばみが白くなる仕組みです。
研磨剤で沢山磨き過ぎてしまうと、細かな傷がついてしまう事があるので、頻繁に研磨剤入りの歯磨き粉で磨くと傷になってしまった部分に汚れが付きやすくなってしまう事があるので注意が必要です。
そういったトラブルを防ぐためには、エナメル質を修復する成分も含んでいる歯磨き粉を選ぶと安心です。
エナメル質は肌と同じように修復を繰り返していますが、ハイドロキシアパタイトという物質が修復をする際に効果を発揮します。
また、ピロリン酸ナトリウムは着色を浮き上がらせて落とすので歯に傷が付かず安心です。

 

自宅で使用している歯磨き粉を変えるだけなので、比較的簡単に導入する事が出来ますし金額も安く、手間が増えません。
しかし効果を実感するまでに時間が掛かる事や効果が緩やかな点はデメリットと言えます。

歯科医院で行われている2つの方法

歯科衛生士によるクリーニング

歯科衛生士によるクリーニングでは歯石やプラークなどの汚れの除去の他にも、ステインや着色を落とす効果があります。
歯石などは超音波スケーラーと呼ばれる水を出しながら、細かな振動で汚れを除去していくものを使用する事が多いです。
患者さんの口腔内の状態によっては、水がしみやすいなどの場合に手用のスケーラーと呼ばれる金属の器具で行う事もあります。

汚れを除去した後、研磨剤を用いてブラシをかけたり、フロスや歯間ブラシを用いて歯と歯の汚れを除去していきます。

歯周病の原因となる汚れの除去が可能ですし、研磨剤を用いて磨く事で口腔内が綺麗な状態になります。
保険の中で出来るクリーニングに関しては口腔内の汚れの状況にもよりますが、2回から3回程度で終わる事が多く、費用も2000円から3000円程度となっています。

保険外でもクリーニングを行っている所がありますが、プラスしてフッ素コーティングをしたり、クイックジェットと呼ばれる細かな粒子を吹き付けて、着色を落としていくものをプラスで行う歯科医院もあります。

保険外の治療場合は、基準が歯科医院ごとに異なってくるので、事前に確認が必要です。

ホワイトニング

ホワイトニングには着色を落とす効果だけでは無く、歯の色自体を白くする効果があるので歯本来の色よりも白くする事が可能です。
歯科医院で薬剤を塗布して光を照射するオフィスホワイトニングと、自宅でマウスピースの中に薬剤を入れてホワイトニングをするホームホワイトニングの2種類があります。
より効果を高める為に、同時に2つのホワイトニングを行う事も可能です。

ホワイトニングの効果は永久では無く、1年~2年程度の期間で徐々に後戻りをしていきます。
効果を持続する為にはしっかりとケアを行う必要があります。
そんな時にはホームホワイトニングをしてあげると手軽に白さを維持する事が出来るのでおすすめです。

着色や黄ばみの原因

着色の原因は生活習慣や食事にあります。
着色は特にたばこが原因で起こり、長い間放置しておくと強固についてしまいます。表面がザラザラした状態になっているので、汚れも付きやすく、悪循環となります。
また口臭の原因にもなってしまうので、よりしっかりとしたケアが必要になるのです。

食事に関しては着色しやすい食べ物があります。
カレー・コーヒー・ミートソースなど、洋服についてしまった時に落ちにくい食べ物は特に着色の原因になりやすいと言われています。

着色しやすい食べ物の後には、必ず歯磨きとうがいをしましょう。
着色を防ぐことが出来ます。

また定期的に歯科医院でクリーニングをする事で、綺麗な状態では着色しにくく汚れも付きにくい状態になるので、メンテナンスをするとお口の中の状態を綺麗に保つ事が出来ます。

歯の色そのものを白くしたい場合には、ホワイトニングも行うことで白く美しい歯を手に入れることができます。

最後に

歯磨き粉を変えたり定期的なケアを行う事によって黄ばみの少ない歯を手に入れる事が出来ます。
歯はお顔の印象にも大きく関わっている大事なパーツです。取り返しのつかないことになる前に適切なケアを行いましょう。どのようなケアをしたら良いか分からない場合には、1度歯科医院で相談すると安心です。

口腔内の状態や生活習慣は一人一人異なるので、その方に合った方法を実行する事で効果的にケアする事が出来ます。定期的に検診をする事で口腔内の異常にもいち早く気が付き、口腔内の環境を綺麗に保つ事が出来ます。虫歯を予防するためにも積極的に定期検診を受けましょう。。

 関連記事

矯正歯科にかかる費用と歯科医院選びのポイント

矯正歯科にかかる費用について知りたいという方は多いのではないでしょうか。同時に歯医者選びのポイントも分かると嬉しいですよね。 受診しようと考えている歯科医院の口

ホワイトニングにかかる費用は平均していくらか

目次1 白い歯はとても魅力的です1.1 ホワイトニングの種類1.2 ホワイトニングの料金の相場1.3 費用の差1.4 セルフホワイトニング2 最後に2.1 おす

歯に関するコンプレックスを審美歯科で解決する方法

みなさんはご自分の歯に自信がありますか? 大きな口を開けて思い切り笑うことができますか? 歯についてコンプレックスを持っている方は意外と多いものです。 そういっ

歯が綺麗=笑顔の魅力アップ!綺麗な歯で印象が良くなる理由とは

みなさんはご自分の顔の中で一番大切なところ、一番好きなところはどこですか? 自分の顔の中で一番大切なところや一番好きなところを聞くと、”目̶

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの費用を比較してみる

ホワイトニング治療は通常の治療とは違うため、高額な治療費がかかるというイメージがありませんか? そこでここでは、そんなホワイトニング治療費の相場をホームホワイト