歯と健康のラボラトリー

これって口唇ヘルペス?ヘルペスの特徴や見分け方

唇にニキビのようなものができてしまった経験があるという方はいらっしゃいませんか?

一見するとおでこや顎などにできてしまうニキビと同じものだと思ってしまいますが、口元にできたその白ニキビのようなものはもしかしたら「ヘルペス」かもしれません。

以前は子どものうちに初めて感染して発症することが多かった口唇ヘルペスですが、現在は衛生面が改善された関係で抗体が無いまま成長し、20代から30代になっても約半数ほどしか抗体を持っていないと言われています。

口唇ヘルペスにはいくつかの症状や特徴があり、早期に発見して治療を始めることで治りやすくなります。ここではニキビと見分けにくいヘルペスについてお伝えしたいと思います。

「口唇ヘルペス」って何?

ヘルペスとは、ヘルペスウイルスによって発症する感染症で、水ぶくれが集まった状態のことを言います。発症部位は口唇に限らず、角膜や性器などにも現れることがあります。唇やその周辺にできる水ぶくれのようなものを、「口唇ヘルペス」と呼びます。

唇やその周辺にできる口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルスの1型が原因で発症します。ヘルペスと聞くとなんとなく怖い病気に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は多くの方が幼い頃に感染している一般的なウイルスなのです。

例えば水ぼうそうです。幼い頃に水ぼうそうにかかったことがある方も多いのではないでしょうか。このウイルスに感染をした経験がないために抗体を持っていない方や、今まで水ぼうそうなどで感染経験があって抗体を持っていても抵抗力が低下している場合には感染しやすいと言われています。

ヘルペスは一見白ニキビや黄ニキビと似ていますが、ヘルペスを発症すると患部がチクチクと痒みを伴い、痛みがあります。そののちに水ぶくれや熱を伴う腫れが現れます。ヘルペスは風邪を引いた時や疲労が蓄積しているときなど、体の免疫力が低下しているときにできやすいと言われています。

ヘルペスとニキビは何が違うの?

ニキビとヘルペスの初期症状は似ているため、見分けがつきにくいかも知れません。しかしニキビができる原因とヘルペスができる原因には違いがあります。万が一誤った方法でケアしてしまうと悪化してしまう可能性もあるので要注意しましょう。

一般的に顔や背中、デコルテなどにできるニキビは毛穴に汚れが詰まり、皮脂をエサにしてアクネ菌が繁殖してしまうことによって発生します。しかし唇には毛穴も皮脂腺も存在しません。そのため唇の上に発生した”ニキビのようなもの”はヘルペスと考えると良いでしょう。

唇と皮膚の境目に出来ている場合には症状を見極める必要がありますが、ニキビには白い芯のような角栓があります。ただ単に盛り上がっているだけの水ぶくれのようなものはヘルペスである可能性が高いでしょう。

ニキビではないような痒みや痛みを感じる場合にもヘルペスである可能性が高いため、なるべく早く医療機関を受診しましょう。

口唇ヘルペスの症状

感染初期の前駆期の症状は、唇の周辺の皮膚にムズムズとした痒みや違和感を感じます。前駆期から半日程度経過すると徐々に患部が赤く腫れてきますが、この頃にはヘルペスウイルスは活発化し、その数をどんどん増やしていきます。

中には発熱したり痛みを強く感じる方もいらっしゃいます。特に初めてヘルペスに感染した場合にはこの頃には非常に強い痛みを感じます。

そして患部がぶくれになります。この水ぶくれの中には数多くのヘルペスウイルスが存在していますので、水ぶくれを破らないように、触れたりものが当たったりしないように注意する必要があります。

患部に触れてしまい、万が一傷口などがあればそこから体内にヘルペスが侵入し、口唇ヘルペス以外も発症してしまう可能性があります。

周囲の方にうつさないための注意点

一度感染したヘルペスウイルスは、退治することができません。そのため抗ウイルス薬を使用してウイルスの増殖を抑えたり、痛みなどの症状を和らげるための治療が行われます。

抗ウイルス薬には飲み薬や塗り薬があり、症状が現れている部位や症状の程度によって処方される物が異なります。処置が早ければ早いほど治りが早く軽い症状で済みますのでおかしいなと感じたらすぐに皮膚科を受診しましょう。

ヘルペスの症状が出ている間は、日常生活においてさまざま注意点があります。

  • 患部を触らない
  • 患部を触れた場合(薬を塗る時など)にはしっかりと手を洗う
  • 患部に触れた手で他人や自分の身体に触れない
    (特に免疫機能が十分でない新生児や、小さなお子さまとの接触は控える)
  • 家族と同じタオル・食器を使わない
  • ヘルペスと診断された場合にはキスや性行為をしない

ヘルペスの症状が現れている場合には、患部の水ぶくれの中や粘膜などさまざまな部分に感染源となるウイルスが存在している状態です。

医療機関で出された薬を塗っていてもウイルスは存在しますので、必ず医師の指示に従い上記の注意点を守りましょう。

ヘルペスの跡を残さないために

ヘルペスはひどくなると皮膚がダメージを受け、赤い跡やシミが残ってしまう可能性があります。シミになってしまうと美容皮膚科などでレーザー治療などを行わないとなかなか消せなくなってしまいます。

シミを防止するためにもなるべく早い段階で対処する必要があります。繰り返しヘルペスができてしまえば跡が残る可能性も高くなるため、体調管理を十分に行いましょう。

また、ヘルぺスウイルスは一度感染すると一生潜伏すると言われています。ストレスや疲労の蓄積、睡眠不足や過度な紫外線などさまざまな影響を受けて発症してしまう可能性があるので十分注意しましょう。

まとめ

口唇ヘルペスに限らず、ヘルペスは体の調子が優れない時や、風邪などの影響で免疫力が低下しているときに発症しやすいという特徴があります。

発症し始めの頃には肌荒れやニキビと勘違いしてしまいやすいですが、症状が進行するごとに水疱が形成され、ただのニキビではないと分かるでしょう。

万が一ヘルペスができてしまった場合には体が疲れているサインだと考え、十分に休養を取り安静に過ごすことをおすすめします。ヘルペスなどの気になる症状が現れた場合には、症状を悪化させないためにも適切な処置を行いましょう。

 関連記事

口の中のカビ!?口腔カンジダ症の原因や症状

睡眠不足やハードな仕事が続き、精神的にも体力的にも疲労している時や、風邪を引いて免疫力が低下しているときにふと口の中を確認すると白い苔のようなものがついている・

口腔扁平苔癬や白板症などの口腔内病変について

口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)や口腔白板症(はくばんしょう)という口腔内の病変をご存知ですか?口内炎を始めとして口腔内の粘膜疾患にはいくつかの種類があ

口内炎が発症するのはなぜ?口内炎の症状や原因とは

ある日突然、喋ったり舌で触ったときにいちいちしみてしまう「口内炎」ができていることに気が付くことがあります。口内炎のせいで痛みがあったりしみたりして食べたり飲ん