歯と健康のラボラトリー

ジルコニアクラウンでコンプレックス解消!健康的な歯で快適な生活を

近年、ジルコニアを使用したセラミック治療が注目を集めております。

セラミック治療とは、歯の欠損部分(詰め物や被せもの)を『強く、美しく、親和性の高い素材』で補う歯科治療のことを指します。審美性が高く、本物の歯と変わらないキレイな見た目の歯をつくることができます。

人前に出るお仕事の方、金属の治療、金属アレルギーが気になる方などにおすすめしたい治療です。

今回は、そんなセラミック治療に用いられるジルコニアクラウンについてご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

ジルコニアとは?

ジルコニアは人工ダイヤモンドとしても大変有名ですが、『強く、軽く、美しく、体に優しい』陶器に似た素材です。

従来の歯科治療材料として、金属素材が使われるケースが多かったのですが、近年、金属アレルギーなどの心配がないセラミックによる歯科治療が注目されております。一般的に、歯科用セラミック材料に求められている要素は強度があり、審美性が高く、安心できる素材であることです。

ジルコニアは耐食性、耐熱性にも非常に優れ、美しく人体への親和性(馴染み)も高いことから金属材料に取って代わるものとして最も注目されているセラミックなのです。噛み合わせが強く、歯ぎしりをよくする方や、食いしばりをする癖がある方でも安心してご利用できます。

金属を使用しない歯科治療は新しく、ジルコニアの登場は、歯科治療に大きな変化を生むことになるでしょう。

日本では、2005年にジルコニアセラミックとしての薬事法の許可を受け、使われはじめました。今後の更なる活躍が期待できる歯科治療と言えます。

ジルコニアクラウンのメリット

それでは、ジルコニアクラウンのメリットを詳しくご説明します。

食べ物をしっかりと噛める

強くて丈夫な素材なので、食べ物をしっかりと噛むことができます。食べ物をしっかりと噛むということは、身体にとって以下のような効果があります。

  • ガンや生活習慣病の予防
  • 免疫力アップ
  • アレルギー性の病気予防
  • 美容効果
  • 口臭予防
  • 胃の働きを促進
  • 肥満予防
  • 歯の病気を防ぐ

唾液の増加や、顎を動かす運動は、口腔内だけではなく身体全体にとても良い影響を与えるのです。ジルコニアクラウンの場合、耐久性があるので、ご自身の歯のように食事を摂ることが可能です。

以前と変わらぬ食事ができるジルコニアクラウンは、身体の健康のためにもおすすめです。

自然な歯をつくることができる

ジルコニアクラウンの場合、金属では出せない、透明感のある自然な歯をつくることができます。

歯にコンプレックスを抱えていると、人前で大きく口を開けて笑うことができなくなったり、会話がしにくくなったりなど、様々な場面で問題が発生します。

そのような不安を解消するためにも、ご自身の歯と変わらない自然な歯をつくることができるジルコニアクラウンがおすすめです。

金属の3分の1の軽さ

ジルコニアクラウンは金属の3分の1の軽さのため、着けた時に歯にかかる負担が軽減されます。身体への親和性が高いため、食べ物を噛んだり、会話をしたりする時の違和感が少なく、ストレスもあまり感じないでしょう。

金属アレルギーの方も安心

従来の金属の場合、金属アレルギーの方はその症状に悩まされていました。また、歯科金属が原因で金属アレルギーになる可能性もあり、金属アレルギーではない人も必ずしも安心というわけではありませんでした。

一方、人体に優しい歯科材料であるジルコニアクラウンの場合、金属が使用されていないので、金属アレルギーをお持ちの方も、そうでない方も安心して治療を受けることができます。

劣化しにくい

ジルコニアクラウンは汚れが付きにくく、虫歯治療や歯周病予防にも効果を発揮し、その高い強度により、劣化しにくいという特徴があります。さらに、強度が高いおかげで健康な歯を削る量が少なくて済み、スペースの小さな箇所にも適用可能です。

このように、ジルコニアクラウンには様々なメリットがあり、セラミック歯科治療の中で、最高品質の施術方法と言えるでしょう。

セラミック、ジルコニアクラウンの種類

セラミックやジルコニアを使用したクラウン(被せ物)の素材にはいくつかの種類があり、大きく分けて「ハイブリッド」「オールセラミック」「フルジルコニア」「ジルコニアボンド」があります。ここでは、それぞれの特徴についてご説明します。

ハイブリッド

セラミック(陶器)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたものでつくられたクラウン(被せ物)です。「ハイブリッドセラミッククラウン」とも呼ばれており、比較的安価で製作できることから、支持を得ております。

また、ハイブリッドは硬すぎない素材のため、噛み合う歯を傷めにくく、金属アレルギーの心配がございません。

オールセラミック

オールセラミックは、すべてセラミック(陶器)からなります。補綴物の中に金属が一切使われておらず、光を透過してご自身の歯のような、自然な透明感を出すことができます。

ほとんど変色しないが、比較的割れやすいという特徴であるため、見た目が重視される前歯の治療に適しております。

歯垢などが付きにくい他、金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色が起こりません。

フルジルコニア

すべてコンピューターCAD/CAMで削り出すため、頻度が安定しております。強度が高く、かなり丈夫な素材なので、歯ぎしりや、食いしばりの癖がある患者様でも破折の心配が軽減されます。

美しい白い歯で、ほとんど変色しないというメリットがありますが、前歯の1本のみにフルジルコニアを使用する、という際には、若干浮いてしまうかもしれません。その場合、ご自身の歯をホワイトニングなどで白くするという方法もあります。

ある程度噛み合わせの強い部位にも使用できるので、奥歯などに使用することをおすすめします。金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色が起こりません。

ジルコニアボンド

ジルコニアの表面にセラミックを焼き付けたもので、ジルコニアセラミックとも言われております。ジルコニアボンドはセラミックで色を自由に調整することができます。また、焼き付けを行うセラミックには透明感があり、不自然さがないため、コンプレックスに思うこともありません。

前歯など、審美性を重視する方におすすめの他、噛み合わせの強い部位にも使用することができるため、奥歯などどの部位にも使用することができます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ジルコニアクラウンについてご紹介しました。

歯科治療の大きな流れとしては、お口の中に金属を使わないメタルフリーという方向になっています。

歯は、私たちの生活の質に深く関わる大切な存在です。ぜひ、セラミック治療で美しい歯を取り戻す際のご参考にしてください。

 関連記事

PRGF骨再生治療とは?新しい歯周病治療について

歯は、私たちの暮らしに深く関わっています。 たとえば、美味しくご飯を食べたり、スムーズに会話をしたり、歯を食いしばったりできるのも、健康的で美しい歯が揃っている

歯周病の本当の怖さ!歯周病が与える全身への悪影響について

日本人に最も多い細菌による感染症は、歯周病と言われており、40歳以上の日本人の約8割がこの歯周病に罹っているそうです。そんな国民病と言っても過言ではない歯周病で

健康でいるために!歯のメインテナンスの重要性

皆さんは、歯の「メインテナンス」をしていますか? 成人の歯は通常28本ですが、50代では平均24.7本、70代では16.2本、80代では10.1本まで減ってしま

気になる「自分に合った歯科医院」を探すコツとは?

歯は、私たちの生活と健康に深く関わっています。よく噛んで食べることで、胃や腸に負担をかけることなく全身に栄養をいきわたらせることができますし、スムーズに会話がで

顎顔面の外傷がもたらす悪影響~症状と対処法~

衣類などで覆われていない顔面は外傷を受けやすく、外傷を受けた場合生活の質に支障が出やすい部位でもあります。鼻、口、眼、顔面神経などの重要臓器が集まっている中でも