歯と健康のラボラトリー

お子さまの不正咬合を改善する小児矯正について

お子さまの矯正は、乳歯がある場合は歯並びのベースとなる顎の矯正も見据えています。大人の矯正に比べて比較的安価なのが特徴です。

そんな小児矯正にも色々な種類があるので、それにより費用が変わっていきます。ここでは、小児矯正について詳しくご紹介します。お子さまの矯正が気になっている方はぜひ参考にしてくださいね。

小児矯正のメリット

お子さまの矯正は、早く行うだけの価値があります。まずは、小児矯正のメリットを見ていきましょう。

顎の成長を整えられる

永久歯が生えそろっていない一期治療は、顎の成長を整える矯正が主体です。この時期に矯正することで、顎の大きさや上下の顎のバランスが整えられるというメリットがあるのです。

大人になってから矯正の必要性が減る

小児矯正をすることで、顎が適切な成長をしたり歯列が整っていきます。そのため、大人になってからの矯正の必要が少なくなるのです。

もし、矯正が必要になっても、短期間の治療で済むことが多く、より良い治療効果が得られるでしょう。

抜歯の必要性がほとんどない

大人の矯正の場合は、歯列をしっかり整えるために抜歯をするケースがあります。それは、顎が小さいことで、歯のスペースがなくなるからです。

しかし、お子さまの矯正は抜歯をともなうようなケースが少ないのです。

定期的な虫歯のチェックができる

小児矯正をしている間は、1~2ヶ月に1回、定期的なチェックを受けることになります。その際に、虫歯のチェックや予防を一緒にしてもらえば、効果的な虫歯予防につながります

スムーズな発音につながる

歯並びが悪くなると、滑舌も悪くなりがちです。大人になってもサ行やタ行が幼児のような発音のままであれば、歯並びの悪さが原因になっている可能性があります。小児矯正を受けることで、適切な発音ができるようになるでしょう。

コンプレックスに悩まない

歯並びの悪さがコンプレックスになると、どうしても口元を隠そうとしてしまいます。そのため、思い切り笑えなくなる場合があります。

思春期前のお子さまの時期にしっかりと歯列矯正することで、将来の自信につながるでしょう。

顎と肩の筋肉のバランスが整う

歯並びが悪くなると、体全体にも影響を及ぼしてしまいます。悪い噛み合わせを放置していると、顎のゆがみにつながり、肩から背中の筋肉が緊張しやすくなります

子供なのに頭痛や肩こりがひどい場合は、歯並びが影響しているかもしれません。不快な症状を改善するためにも、歯並びが気になったら小児矯正をすることがおすすめです。

小児矯正の期間について

小児矯正には、6歳から小学校中学年までの一期治療と、小学校高学年から中学生までの二期治療の2つあります。一期治療では、顎の骨格の矯正が中心となります。それに対して二期治療では、歯列の矯正が中心となります。

一期治療

乳歯の時期や、乳歯と永久歯が混在する時期は、一期治療の時期になります。一期治療では、永久歯がキレイに生えそろえるように、上下の顎のバランスや大きさを整える矯正が主体になります。

費用はだいたい10~40万円程度となります。

二期治療

永久歯が生えそろっている時期は、二期治療の範囲になります。基本の治療法は大人の矯正方法と一緒ですが、大人の矯正より比較的安価となります。また、一期治療から始めたお子さまは、二期治療が安価に設定されているケースが多いです。

費用はだいたい30~60万円程度となります。

小児矯正の保険適用について

小児矯正といっても審美目的のひとつになるので、基本的には保険の適用範囲外になります。しかし、顎変形症の場合は、外科手術を伴った所定の治療プロセスを経るため、保険適用が可能になります。

小児矯正の種類と費用

一期治療と二期治療では、矯正方法が変わります。

一期治療では顎の骨格の矯正がメインなので、顎を矯正するプレートやマウスピースが中心です。二期治療は大人の矯正と同じように、ブラケット矯正が中心となります。

マウスピース

マウスピースは、顎の骨の柔らかい一期治療で使うことで、高い効果が期待できます。マウスピースは、欧米でもお子さまの矯正の主流になっています。ほかの矯正方法に比べると安価で、自宅にいるときの1時間と就寝時のみの装着のため、お子さまの負担が少ない方法です。

上顎前突や反対咬合、開咬症など、それぞれに合ったマウスピースがあります。マウスピースの費用は10万円程度となります。

プレート矯正

歯の内側にプレートのような器具を装着し、顎を広げて上下の顎がバランスよく成長するために行う矯正方法です。プレート矯正は、床矯正とも呼ばれています。

プレート矯正は、乳歯の残っている一期治療で主体となる矯正方法です。プレート矯正の費用は、30~60万円程度となります。

ムーシールド

ムーシールドは、反対咬合(受け口)を早期に治療する矯正方法です。顎の骨格の成長が終わった後より、子供の時のほうがより早く治療することができるのです。

また、就寝中に装着するため、矯正中の負担が少なくなります。ムーシールドの費用は、10万円程度になります。

ブラケット矯正

ブラケット矯正は、歯に留め具をつけて、ワイヤーで歯列をしっかり矯正していきます。ブラケット矯正は、大人の一般的な矯正方法と同じです。小児矯正の場合は、永久歯が生えそろって顎の成長が完了した二期治療で使われます。

一期治療から続けて治療する場合は、格安で治療できる歯科医院もあります。ブラケット矯正の費用は、50~70万円程度になります。

リンガルブラケット矯正

リンガルブラケット矯正は、歯の裏側にブラケットをつけて矯正を目立たないようにする方法です。高い技術が必要なので、一般的なブラケット矯正より費用が高くなります。

リンガルブラケット矯正の費用は、70~90万円程度になります。

将来のためにも早いうちから矯正を始めよう

いかがでしたか?

まだ子供だから大丈夫!と油断しないで、子供のうちに矯正を行っておくことがおすすめです。治療方法や費用に不安がある場合は、歯科医院で小児矯正について相談してみましょう。先生とよく話し合い、納得のいく治療法を進めていくことが大切です。

 関連記事

顎顔面の外傷がもたらす悪影響~症状と対処法~

衣類などで覆われていない顔面は外傷を受けやすく、外傷を受けた場合生活の質に支障が出やすい部位でもあります。鼻、口、眼、顔面神経などの重要臓器が集まっている中でも

顎関節炎の種類と症状を徹底解説!それぞれの治療方法とは?

顎関節に違和感があると、会話や咀嚼など、生活する上で大切な動きが困難になってしまいますよね。この記事を読んでいる方の中にも、「なんだか顎関節が痛い」「顎関節が少

その症状、唾液腺炎かも…!?唾液腺の炎症について

発熱や頭痛など、「なんだか体調が優れない」と感じる時、もしかしたら唾液腺が炎症を起こしているのかもしれません。 しかし、唾液腺炎と聞いてもいまいちピンとこないと

子どもの歯の外傷とは?症状と対処法について

子どもはどうしても狭い室内で走り回ったり、危ないと注意されているところではしゃいでしまったりするものです。たとえばお家の中でも、昔なら床がクッション性のある畳の

歯と顎の使い過ぎ?歯牙接触癖と舌癖の関係性について

皆さんはTCHという言葉を聞いたことがありますか? TCHとは、歯牙接触癖(Tooth Contacting Habit)の略で上下の歯を持続的に接触させてしま